未来的なデザインをし世界遺産にも登録をされた計画都市

ブラジル国の首都は、ブラジリアです。

ここは、未開の地であるブラジル高原に建設をされた計画都市です。

このブラジルの首都の人口は250万人ほどいます。ここには、人工の湖もあります。

この都市の主要建造物は、未来的なデザインをしています。

世界遺産にも登録をされました。

この都市が建設をされたのは1960年のことでした。比較的近年のことなのです。

このような若い都市が登録をされたことは、当時としては大変話題になりました。

ここが国の首都となるまえは、リオデジャネイロが首都でした。

旧首都リオと、最大都市であるサンパウロがある大西洋海岸沿いの地域に人や産業は集中しました。

それらの解決方法として内陸に首都ができたのも一因です。

そのことで、内陸部は発展することになりました。

しかしながら、運搬環境などの理由から、大企業の移転などには至っていません。

市内は自転車と車を使用した移動が主流となっています。

交通は整備されており、あまり渋滞が起こりません。

公共的な交通手段は、バスやタクシーです。

一部では地下鉄が使われています。

この首都には、空港があります。

南部の大都市との間の便数は大変多いものとなっています。

この空港は、各都市の乗り換えの中間的な役割をしています。

湖やその周辺は大変美しい景色です。

裕福層もいる一方で、貧困地区も存在しています。

観光では、大統領官邸や官庁街が人気です。

ブラジリアのシンボル的な存在なのです。

また、国立劇場や三権広場に訪れる観光客も多くいます。

ここへの首都移転は比較的効率的に行われました。

首都移転の計画は長期にわたりましたが、実際着手をしてから約5年で完成をしたのです。

そして、ブラジルという国のアイデンティティを構築するためにも必要なことでした。

リオは他民族が多くい都市です。

そして、ポルトガルの影響を多く受けている都市でもあります。

昔はポルトガルの植民地でした。

ブラジリアは本来の国家を象徴するような都市なのです。

ブラジルにおいては、三番目に豊かな都市です。

教育のレベルは国のトップクラスです。

また、芸術といった面でも、文化活動が盛んなところです。

開発はまだ続いています。周辺の都市をさらに結ぶ開発がされています。

先端技術の開発も検討されているのです。

ブラジリアは、当初の計画よりも大きく発展をしました。

人口が予測をはるかに超えました。

この都市の魅力は自由な生き方ができるということです。