国家が破綻する寸前まで追い込まれたが他国の融資によって回避

ブラジルは、南米の経済の中心として存在しています。

そのような新興国の経済は世界にも大きく影響しているのです。

鉱工業においては南アメリカの生産の半分以上を占めています。

また、農業も主要な産業です。近年は科学技術も発展をしました。

16世紀にポルトガルの植民地になって原料供給地とされていました。

そのため、共通語はポルトガル語です。

国土面積は、世界で五番目に大きい国です。

経済状況は、世界で七番目に位置する経済規模です。

しかし、貧困差が大きいことに注目しなければなりません。

治安は非常に悪く、これは貧困街が温床とも考えられています。

日本とは距離が大変離れていますが、縁が深い国でもあります。

戦中や千個に、人的または経済的に活発な交流がされているためです。

1908年から集団的なブラジルへの移民が始まりました。

最大都市サンパウロでは、日本人街があり、日系人社会が形成されています。

そして、ブラジル社会に溶け込んでいるのです。

日系ブラジル人は、農業において貢献をしてきました。

そして、政治の場所でも、高い地位を得ている人も多くいます。

そして、高度経済成長には多くの日本企業がサンパウロ周辺に進出をしました。

国土は広大であり、アマゾン川が流れています。

近年は開発によって砂漠化が問題視されています。

この国は北部に赤道が通り、熱帯雨林気候です。

国土が広いために、地域によって気候が異なります。

大西洋海岸は旧首都があり、リゾート地の多い場所です。

全体的に温暖ですが、南部の一部では雪が降ることもあります。

南米では一番経済状況の良い国です。

しかし、先進国と比較をすると低い水準になります。

長期にわたり先進国から累積務問題がありました。

ハイパーインフレが起こった1990年代の混乱期には、ブラジル経済が破綻したこともありました。

この頃、裕福層は海外へと多く脱出しました。

一時は、国家が破綻する寸前まで追い込まれましたが、他国の融資によって回避することができました。

そして、徐々に経済が回復して2007年に債務を完済しました。

現在では、ロシアや、中国などと並んで新興経済国のひとつとして位置するまでに経済が復活をしました。

そして、重工業が盛んになり、その技術力も高い評価を受けています。

しかし、教育や衛生といった面での水準は依然低いままです。

沿岸部と内陸部では格差が大きくありますが、経済の好転を機に、改善されつつあります。